SPAJAM2018東京A予選に参加してきました

更新日から1年以上経過しています。情報が古い可能性がございます。

先日行われた、SPAJAM2018東京A予選に参加してきました。
テーマはスポーツで、結果として賞は貰えませんでしたが、楽しんで作ってきました。

作ったプロダクトは、PVを見てもらうのが分かりやすいと思うので、PVのリンクを

YouTube: 【SPAJAM2018】キラキラヨガ PV【おむせん】

今回もSkyVoxの太田さんを引き連れ、二日と言う時間制限の中でPVまで作ってもらいました!

プロダクト

PVを見て分かるように、ヨガのポーズで最も綺麗なポーズを写真に撮影する、というプロダクト。
私はバックエンドを担当。

構成としては、スマホで撮影した動画をサーバーに投げて、サーバーでOpenCVを使って画像に分解。
切り出した画像からAutoEncoderで次元削減を行い、lightgbmで教師画像に最も近い画像を抽出して、
スコアを画像に書き込んだ上で返す、という仕組み。

裏テーマとして、機械学習を組み込みたかったので、そこを頑張りました。
まあ今回のハッカソンとしての裏テーマは「お金」でしたが。。。
いや、でも、表テーマのスポーツに対して、スポーツをやる側のアプリを作ったのはうちだけだったので、
そこは良いとこ選んだと思うんだ。

SPAJAM2018東京A予選の感想

上で触れたように、私のチームはスポーツをやる側のアプリを作ったのだけれど、
他のチームは見る側、支援する側に立ったアプリを作っていた印象。
あ、スポーツ風の遊びを作っているところもありましたね。
あれはやる側か。

今回テーマ説明のところで、強く『共感を得られるものを作ってね』と念を押されたので、
スポーツやる側は弱かったかもね。
スポーツ見る人の方が多いもんね。

とりあえずプレゼンでPVはみんなやれば良いと思うんだ!
おおってなるぞ!
二日間で作れるかは別として。

PV

去年のSPAJAM2017から太田さんと組んでPV作ってもらっているのだけれど、
前々からハッカソンのプレゼンでPVをやりたいと思っていて、
実は一昨年かその前のSPAJAMに太田さんと二人で参加しようとして書類で落ちています。
そのときはね、ちょっと書類でネタに走りすぎて、
「あなたのチームよりも、他の有望なチームを選ばせていただきました。」と、
丁寧に、お前らどうせプロダクトできねーんだからくんな、と断られていたので、
去年も今年もちゃんとメンバー集めて、ネタに走らず清く正しく参加してきました。

二人でも、プログラマーと動画もイケるデザイナーの組み合わせで強いと思ったんだけどなぁ。

終わりに

さて、今年も温泉には行けませんでしたが、諦めずにまた頑張りたいと思います。
他にも面白そうなハッカソンがあったら参加していきたいね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。