Scoopでパッケージ管理

更新日から1年以上経過しています。情報が古い可能性がございます。

まとめ

Chocolateyの方が良いと感じる部分もあるが、それ以上にメリットが大きいのでScoopを使った方が良い。

Scoopとは何か

Windowsでのパッケージ管理ツールです。
以下のリンクが公式サイトになります。

https://scoop.sh/

よく比較されるものに Chocolatey と言うパッケージ管理ツールがあります。それはこちらになります。

https://chocolatey.org/

Scoopの何が良いか

Chocoleteryと比べて一番良いと感じた点は、「Scoop だけでアンインストールが完結する」です。
Chocolatery を使っていて嫌だった点が、アンインストールしても Chocolatey の管理から外れるだけで、本体は設定のところから別途アンインストールしなければいけない点でした。Scoop はそれがなく、きちんとアンインストールされる点が非常に良いです。

もう一点は一長一短あるのですが、管理者権限が不要な点も良い点として挙げられるかと思います。

Scoopのイケてない点

パッケージが少ない。
これです。Chocolatey と比較すると少ないです。
が、これはパッケージの思想に基づく物っぽい印象。
Scoop はCLIで動く物の管理を目指している部分があるように思います。Extra バケットでGUIアプリも入れられる事は入れられますが。

Scoopと通常インストールの使い分け

これはシンプルです。以下に気を付ければ問題なく運用できると思います。

Scoop で入れる物

  • CUI ベースのもの
  • アプリ内にアップデート機能が無い物
  • 管理者権限が要らないもの

Scoop で入れない方が良いもの

  • アプリ内にアップデート機能がついているもの
    • ChromeやVSCode等
  • 管理者権限が必要なもの

個人的にはこれらで判断すれば良いかと思います。
それではみなさん素敵なWindowsライフを!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。